「小確幸」でいいと思うよ。

shokakuko.exblog.jp

───ねえ、どこまでいこうか?

b0042310_1795411.jpg

5月24,25,26日と、赤坂BLITZ244 ENDLI-xのライブに行ってきました♪

ええ、まさかの3レンチャン。
横浜アリーナが外れたので、確実に取れる!と狙った5/24のチケットが取れ、
ダメ元で申し込んだツアーオーラスの5/25のチケットも取れ、
さらに、5/19に急遽HP上で発表された5/26のWATERIZEのチケットも取れちゃいまして♪

やっぱりライブハウスって、とっても楽しい!
なんたってアーティストとの距離が近い!!
後ろになってしまっても、ドームで言えばアリーナの最前ブロックの正面席だから
肉眼でも表情までバッチリ見えるし♪
くりんくりんの瞳、演奏に集中して振り乱す黒髪、ワイルドな髭、
もちろん音楽(とくに声)も、もうすべてが素敵すぎて・・・・♥

そしてなにより、以前は自身の内面やバンドに向いていた彼のベクトルが
今回はじめて、私たちオーディエンスに向かっていて、今まで一番、楽しいライブでした☆

ただ(KinKiの時もなんだけど)、バラードを歌い上げて余韻に浸っているときに
「つよしぃ!」とか「かわいい!!」とか黄色い声を上げるのは、マジで勘弁して欲しい。
来年30歳になるオトコに向かって可愛いって何なのよ・・・。



b0042310_8571536.jpg
☆5/24,25 I and 愛
5/24はチケット運が良く、センターよりの前から2列目をキープ♪
去年までのタンクも小さな箱だったけど、今回はライブハウスだから更にステージが近い!!
どれぐらい近いかと言うと、サングラスの中の瞳が見える、そして目が合う(錯覚じゃないよ)、
フェイスラインにできていたニキビまで見えちゃうほど!!
本当に手を伸ばせば届きそうな距離で彼を見つめることが出来て、夢のような3時間でした。

でも、少しでも近くで見たいのはみんな同じで、後ろからも横からも
ぎうぎうに押されて・もみくちゃにされて、もう大変。踊るどころか手を上げるのすらもやっと。
オールスタンディングだから多少は仕方がないけれど、明らかに故意に寄りかかってくる人とか
前に出た・出ないで友達同士で喧嘩を始める人とかもいて、
夢見ごこちの反面、マナーの悪い人たちに対してイライラも・・・(怒)。

5/25は、後ろのブロックになったけれど、それでも肉眼でよく見えたし、
周りは広々としていて思う存分踊れて、純粋にライブを楽しむことが出来ました。
前ならいいってモノじゃないのねー。といっても、あの至近距離も捨てがたいけどっ★

24日は土屋昌巳氏が、25日にはRIZEのkenken氏が、
そして24,25日はパーカッションのスティーヴエトウの弟のレナード衛藤氏(←カッコイイ!)が飛び入り参加しました。
土屋昌巳以外は全然知らなかっいんだけど、豪華なメンバーらしいです。

☆5/26 WATERIZE
一週間前に急遽発表された男性優先のライブイベント。
カップル可とのことだったので、オットを誘ってみると意外にもOKしてくれたので、
ダメ元で5/21に赤坂に行ったらチケットが取れちゃった!!

オトコ優先、なのでどんなライブになるんだろう?
初期(堂本剛)のロックっぽい曲もやるのかなーと(ほんの)微かに期待していたけれど
セットリストはほぼ、前日までと同じ。

ただ、女子受けするコミカルな演出やラブソングは無く、
変わりにステージ上で髪を切ったり、Circle Rainbowを作ったりと
彼の「こだわり」を感じるステージでした。

24日のライブで「ラブソングよりも、メッセージ性のある歌を歌いたい」って言ってたもんなぁ。
Yellow も Silent Love も kurikaesu春 も大好きだから残念!!

もちろん、自分のやりたいことをやるためのソロ活動だろうし、
万人受けする綺麗なラブソングはKinKi Kidsで聞けるからいい(我慢する)けど
だったらかわりに、DARLIN'とかH/A/P/P/Yみたいな、
やきもち妬きたくなるイヤラシイ歌をライブで歌って欲しいな♥
ま、これもラブソングだけどさ。
[PR]
by shokakukou | 2008-06-05 18:14 | *Entertaiment