「小確幸」でいいと思うよ。

shokakuko.exblog.jp

初めての多頭飼い

2匹目の仔猫を迎え入れるにあたっての注意点としてよく聞くのは
b0042310_1532691.jpg

 環境に慣れるまで仔猫はケージで飼いましょう。 
*チロルは姫も受け入れているので仔猫を苛めることもないだろう。
*仔猫は大家族で育っているので、社会性は身に付いているだろう。
*実際に多頭飼いしている人のブログを見ても、ケージを使っているお宅はあまりみない。
  ⇒無視決定。(ただし、しばらくの間寝室は出禁にするので、夜はケージ代わりのキャリーで寝かすことに。)

b0042310_15395639.jpgb0042310_15414021.jpgb0042310_17172044.jpg
実際よもぎは、我が家にも私たち夫婦にもあっという間に慣れ、
チロルに対しても、怖がらないばかりか、ゆらゆら揺れる長いしっぽが面白くて仕方がない様子。


そのチロルはと言うと
b0042310_15502862.jpg

② 何事も先住猫優先にしましょう。
これにはもう、神経質なくらい気を使っていたのですが、初日のチロルはもう拗ね拗ねの不機嫌。

大好きなおやつをあげようと、遊びを誘おうと、グルーミングや尻ペンペンしようとしても、
ウニャウニャ文句を言うばかりで、私にもオットにも近寄ろうとしません。
当然、夜も一緒に寝ようとしないし、翌朝も起こしに来ないし、
ご飯もあまり食べようとしないし、仕事から帰ってきても出迎えもなし。

それにもめげず、足元にすり寄るよもぎをスルーしてチロルに「ただいま」をし、当然餌もチロルに先にあげ・・・と、
嫁姑の間に立つ夫のように気を使っていたら、自分が優先されていることに気付いたのか、
徐々に今までどおりの甘えっ子チロルにもどってきました。・・・ほっ。

b0042310_16314568.jpgb0042310_1632478.jpgb0042310_16322313.jpg
それでも、よもぎに対してシャー!してたの初日だけ。
しっぽに飛びかかられても、嫌がって去るだけで、本気で怒りはしません。
そしてやっぱり、よもぎのお尻は気になるようで、しょっちゅうフンフンしては、よもぎに嫌がられてました。


③ 2匹を無理に近づけようとするのはやめましょう。
b0042310_17563449.jpg

しっぽとお尻を、お互いに狙い・狙われているうちに、少しずつ2匹の距離は近づいてきました。
猫団子になって寝る日がくるといいなぁ・・・。

[PR]
by shokakukou | 2009-06-13 17:58 | *猫 ときどき 犬