「小確幸」でいいと思うよ。

shokakuko.exblog.jp

おんがくのじかん


ハロウィンが終わって、街はすっかりクリスマスモードですね。

8月に入会したゴスペル教室のクリスマスライブに
参加することにしました。(←無謀)

b0042310_16083447.jpg

レッスン音源をスマホに落とし、歌詞カードも自作し、
通勤電車の中で聞いているのですが、なかなか暗譜が出来ません。

まー、電車の中ではほぼ寝てるので睡眠学習状態だったりするのですが^^;


その音源もあやふやな音階で歌ってる私の声なので
今一つ、信用しきれないんですよ。

なので、タブレットにピアノアプリを落として
音を確認したりもするのですが
b0042310_16083455.jpg
音符だって「ドレミファソラシド」以外はよくわかんないし、
♯や♭がいたらもうお手上げ。

小学生以来のメロディオンの練習みたいになってます。
とほほ。


明日のレッスンまでに完璧とまではいかなくても
楽譜を見ずに歌えるようになることが目標だったのに
うむむ。6~7割程度ってところでしょうか?


車の中でしか聞いてないKinKi Kidsの新曲は
カップリング含めて8割方覚えたのにねぇ。
ところで、CD購入者特典でもらったポスターを
どうしていいか分からないんですけど・・・
さすがに貼れないし、捨てることもできないし。



:★: ココを猫パンチしてね :★:
ブログランキング・にほんブログ村へ




あくまで私の主観ですが ──

光ちゃんは、ミュージカルで発声が鍛えられているし
ソロで聞くと、決して下手ではないのに、
なんでKinKiになると、剛くんとの歌唱力の差を感じるのだろう?

と、ここ数年、ずっと不思議に思ってました。
もちろん、キーが剛くん寄りっていうのもあるだろうし
私が剛くんの声が好きだからそう思うのかもしれないけど、
でも、それだけじゃないような。

ブレスが大きいから息苦しく聞こえるのかな?
なんて思ってましたが、最近、気付きました。

剛くんは言葉のひとつひとつに抑揚があるけれど
光ちゃんにはそれが無い。だから、上ずったように聞こえるんだと。

というのも。
前のゴスペルの先生は、米国のゴスペルクワイヤ(合唱団)に
所属したこともあるだけあって、拘りが強い人でした。

発声はもちろん、単語ひとつひとつの発音やアクセント、
音符ひとつひとつの抑揚に厳しく、
楽しく歌う<<<(越えられない壁)<<<<美しく歌う
言ってみれば、ゴスペルというより、讃美歌っぽいというか。

そんなレッスンがだんだん楽しめなくなって教室を去ったけれど
やっぱり、抑揚って大切なんだなぁ・・と、とても納得。

今の教室のレッスンはとてもとても楽しいけれど、
それだけでなく、もう一度、抑揚も意識して歌うようにしよう。

がんばるぜー(ง •̀ω•́)ง✧


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shokakukou | 2014-11-22 17:42 | *Days | Comments(0)